任意売却Q&A

大阪市内のマンション任意売却は自己負担ゼロ・相談無料!

大阪市マンション任意売却ネット > 任意売却Q&A

住宅ローンを滞納すると、すぐに競売にかけられるのですか?
住宅ローンを2ヶ月間以上滞納すると、“期限の利益喪失”となり、金融機関は残債の一括返済を求めることができるようになります。 ※住宅金融支援機構の場合は6ヶ月
その後は、保証会社の代位弁済により窓口が銀行から保証会社に移行し、競売手続きが開始されることになります。
任意売却とはなんですか?
住宅ローンの返済が難しくなり不動産を売却したいけれど、売却価格が住宅ローンの残債を下回り、完済ができないケースがあります。 このような場合に、不動産会社が依頼者と債権者(金融機関)との間に入り、債権者との合意を得た上で不動産を売却し、よりよい条件での解決を目指す手法です。
不動産の売却価格がローンの残債を下回りそうです。任意売却は可能ですか?
金融機関によって対応は異なり、売却許可が必要になるケースもありますが、一般的には任意売却は可能です。
わざわざ任意売却しなくても、競売にかければいいのでは?
競売でも任意売却でも、住宅ローンを完済できなかった場合は、残債に対する支払い義務が残ることになります。 競売は、任意売却に比べて売却価格が低くなるため、残債が多く残るというデメリットがあります。
任意売却には、どのようなメリットがありますか?
任意売却は、引越費用などを売却代金から現金でもらえるなど、残債の支払いに対しても柔軟に対応してもらえることもあり、競売と比較すると大きなメリットがあります。
  • 競売と異なり、普通に不動産を売却するだけなので、精神的に追い詰められない。
  • 遅延損害金などの減額や免除を交渉することもできます。
  • 引越し費用を現金で確保することができます。
任意売却を近隣の人に知られることはありますか?
任意売却は、不動産売却と金融機関との交渉がセットになった売却方法ですが、表向きは一般的な不動産売却と何ら変わりません。 競売は、新聞、インターネットに競売物件として情報掲載されてしまいますが、任意売却の場合は、普通に不動産を売却していることしかわかりません。
任意売却を相談する際に相談料はかかるのですか?
相談料は一切かかりません。安心してご相談ください。
任意売却には仲介手数料が必要ですか?
売却時の仲介手数料は、金融機関と交渉の上、売却代金から経費としていただくことになります。ご依頼者様の費用負担は一切ありません。
マンションの管理費や固定資産税の滞納分はどうなるのでしょうか?
原則として、任意売却に伴う必要経費は売却代金の中から支払いますので、ご依頼者様の費用負担が発生することはありません。
自宅に住んだままで、任意売却は可能ですか?
任意売却は、居住中のままでも可能です。室内を掃除して、きれいにしていただくことで、早期売却・高値売却のチャンスが広がります。
任意売却後の住宅ローン残債については、どうなるのですか?
住宅ローンが残った場合も、金融機関に対し、月々の支払い額の大幅減額や遅延損害金の減免などの交渉が可能です。
お問い合わせ・ご相談
  • 弊社の強み
  • お客様の声
  • 任意売却の費用
  • 会社概要